タクシー地理試験について

Sponsored Link

タクシー地理試験について

東京23区でタクシードライバーをやるためにはタクシー乗務員証を取得する必要があります。

 

その為にはタクシーセンターという機関で地理試験を受けて合格しなければなりません。

 

私が東京23区でドライバーになる時も当然その試験は受けましたが、どこから聞いた情報だったか忘れましたが、23区の地理試験は凄く難しいなんて言われていて、苦労するかも・・・・・なんて思っていました。しかし丸々2日頑張って試験を受けた所 一発で受かりました。

 

タクシー乗務員証の地理試験は統計を取ると合格率は40%〜60%だそうですが、何度でも受ける事は可能なのでそんなに構える事もないかと思いますが、試験は会社によってはその間日当がでる会社もありますから。

 

しかし、最速で受かるのが一番良いに決まってますから 確か過去の地理試験の問題集があって3パターンだったかな・・・
それを丸暗記してしまえば高確率で合格できます。 全く地理感覚が無かった私でも出来たわけですし、思ったよりも簡単でした。
その中で一番難しいのは、例えば A地点からB地点までの最短ルートを 表の中からチョイスして 5ヶ所順番に挙げなさい見たいな問題があってそれは難しいです。 でもそれ以外は殆んど暗記で行けちゃうんで3パターンの問題集で練習すれば結構簡単に受かると思います。

タクシー運転者地理試験問題例集 900円なるものも東京タクシーセンターへ行けば売ってはいますが、普通にどこの会社でも同様の物があり教えてくれるので買う必要はないと思われます。前以てどうしても勉強したいと言う方は下記の東京タクシーセンターへ行って買ってください

 

 

以下東京タクシーセンター公式HP抜粋

東京特定指定地域(特別区、武蔵野市及び三鷹市)でタクシー運転者になるには、東京タクシーセンターで事務を代行し実施している地理試験に合格しなければなりません。

 

地理試験問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など筆記試験により40問出題され、合格基準は32問以上の正解(正解率80%)となっています。

 

地理試験の受験は、新規講習時受験と一般受験があります。新規講習時受験は事業者からの新任研修申し込みが必要です。一般受験と再試験は予約制となっていますので、受験される方は受験の予約を運転者研修所窓口、または電話にてお申し込みください。

 

一般受験は次のとおり行っています。

 

地理試験の概要

試験日

月曜日・火曜日・金曜日 

(但し休日、祝日及び12/29〜1/3迄を除く)

試験場

センター運転者研修所 東京都江東区南砂7-3-3 TEL03-3648-5131

東京タクシーセンターアクセスマップ

受付時間

午後1時までに受付をすませて下さい

試験時間

所要時間は午後1時より概ね2時間

合格発表

所要時間内に発表(地理試験合格証の交付)

受験料

2800円

 

 

※受験料の他に運転免許証、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン)をご持参ください

 

※詳しくは、センター運転者研修所(03-3648-8311)へお問い合わせください

 

※試験場には必ず公共交通機関を使って来てください。

 

 

このページのトップへ戻る

 

東京23区のタクシードライバーはどの位の給料を稼げるのか?

【この記事も読まれています】警視庁公式発表|ネズミ捕り(スピード違反)取り締まり場所


【この記事も読まれています】タクシードライバーが入っておくべき保険と見直すべき保険



Sponsored Link


ホーム RSS購読