タクシー会社【ブラック企業】を選ばない方法

もしタクドラを職業に選ぼうと思ってる人は【ブラック】は避けて下さいね(笑)

Sponsored Link

もしタクドラを職業に選ぼうと思ってる人は【ブラック】は避けて下さいね(笑)

私が最初にタクシードライバーを職業にしようとした時の事なんですが

 

私が面接に行こうと選んだ二社のブラックタクシー会社はどちらともハローワークやHP等で過剰な良条件をこれでもかってくらい宣伝してました。

 

月収70万円も可とかそういう誇大広告ね(笑)

 

そりゃあ中には月収70万やる人もいたりしますよ。でもコンスタントに毎月月収70万円ってのはどう考えても無理がある数字だったりします。そういう数字を求人広告に載せちゃうのはブラックの匂いがプンプンします(笑)

 

普通のタクシー会社であれば良く見かけるのが25万〜45万とかですかね〜。上位10%位は月収50万オーバーもいたりします

 

 

 

それはさておき、タクシードライバーをやってみようと当初アホな私は釣られて二社程面接へ行ってしまった訳ですが、見事にNo.1ブラック企業一発ツモしてしまいました(泣) 誇大広告に誘われて・・・

 

 

 ブラックかどうか見極めるのに一番良いのは現役の運転手さんに細かい話しが聞ければ良いのですが、実際にタクシードライバーの経験が無ければ尋ねる質問もわからないってものです。

 

なのでここでは良いタクシー会社を選ぶ際のチェックポイントを挙げて行きたいと思います。

 

あくまで私の視点ですので万人に合うかは保障はできませんけど。
重要な項目の順位は特に決めて書いている訳ではないのであしからず。特に重要じゃないだろ!?って思われる所は各自スルーして下さい。

 

 

@ 給料の歩合率が良いか

 

東京23区のタクシー会社の給料は殆んどが完全歩合給(フルコミッション)となっておりますが、その歩合は営業収入(税抜)に対するパーセンテージで支払われる事が殆んどです。

 

50%〜65%程度の幅があり、足きり(ノルマ未達成時)の場合50%とか低くなったりする事があります。

 

他にも賞与がつくタイプ等もあります(でも大体総合計のパーセンテージは同じ位)

 

東京23区のタクシーの場合大体60%程度が多いです

 

 

A 有給休暇が自由にきちんと取れるか

 

【何日前までに申告が必要か、そしてその支払われる内容はどの様な物か】

 

会社によって様々な場合がありますのできちんと詳細を面接時に確認するように心がけましょう

 

B タクシー会社が導入している車のグレードや上級乗務員の有無等

 

大抵の大手グループタクシー会社は普通の運転手とベテランの上級ドライバーとで車の車種や色が違ったりします。

 

上級ドライバーの場合黒塗りでワンランク上の車が与えられたりします(ほぼ要資格取得)

 

C 勤務シフトの変更に融通が利くか

 

【病気や急用等でシフト変更を融通利かせてくれる会社が勿論いいです。中にはシフト変更にペナルティが科される会社も・・・】

 

D 車通勤ができるか

 

殆んどのタクシー会社は車通勤可能となっています。稀に駄目な所もあるみたいですが・・

 

※会社によっては駐車料金を取るような所も・・・

 

E 労働組合はあるか

 

労働組合の無い会社等もあったりしますが、労働組合がある会社であっても その組合の内容はきちんと書面を確認して入るに値するか各自の判断で決めて下さいm(__)m

 

実際私が勤めた最初のブラックタクシー会社には労働組合がありませんでした。過去に労働組合を作ろうとした方達がいたらしいのですが、ことごとくそこの社長に潰され解雇されていったそうです。 

 

そういった意味でも労働組合があるというのは重要だと思っております。

 

F 福利厚生はしっかりしているか

 

大抵のタクシー会社は 厚生年金 社会保険に加入できると思います。 中には厚生年金基金等に入れる会社も。

 

独身寮や家族寮等も完備している会社もあったりします。大抵の会社は地方から単身でも働きにこれる様に独身寮が完備されている会社が多いです。寮の利用を希望される方は家賃や水道光熱費等の事まで面接の時に聞くと良いと思います。

 

G チケットやクレジットカード、電子マネーの決済ができるか

 

東京23区武三地区の法人タクシーでクレジットカードを使えない会社は無いかと思われますが、大手タクシーグループには各種電子マネー決済(Suica や Pasmo や ID や QuicPay等 )が完備されている所も多いですが、小さい会社等だとまだ完備されてない場合も。

 

 

H チケットやクレジットカード、電子マネーの手数料のドライバー負担があるか

 

最近は無い所もありますが、タクシー業界ではドライバーがチケットやクレジットカード決済の手数料を給料から天引きされる所(クレジットやタクシーチケット利用額の2%〜10%とか)が多くあります。当然手数料の天引きは無いほうが良いです。

 

I 遠方までお客様にご乗車戴いた帰りの高速料金や首都高速料金が自己負担か会社負担か

 

【会社負担の発生条件はどのような物か】 大抵の場合首都高速料金以外の高速道路(東名道や東北道や常磐道や中央道、第三京浜等々)は出る所が殆んどです。 それらに続いて都心まで首都高速で帰ってくる際に会社で負担してくれる会社もありますので、やはり面接時に確実に聞いておいた方が良いでしょう。【営業の回転を上げる事に繋がるので重要】

 

 

J 足きり(ノルマ)がどの程度なのか

 

足きりとはノルマの事で、

 

例えば月の営業収入(税抜き)を勤務日数24日で52万8千円がノルマだった場合は

 

1日あたりの平均営業収入(税抜き)22000円を維持していれば52万8千円の足きりは達成できる計算になります。

 

勿論売り上げは日によってバラバラですので 自分で計算して締め日までに月トータルの売り上げで、足きりを超える様に頑張ります。何故なら大抵の会社では足きりを達成していれば給料の歩率が60%貰える事が多く、逆に足きりをきってしまうと、給料の歩率が50%になってしまう等大幅なペナルティが科されるからです。

 

しかし、この数字は極普通にまじめに営業しれいれば心配する様な数字ではないと思います。

 

K 会社までの通勤で駅やバス亭からのアクセスの良さ

 

 

 

L 入社祝い金はあるかどうか【縛りはどの程度の期間かどうか】

 

M 事故を起こした際の自己負担はどうなっているのか

 

【給料の明細に無事故手当て等がある所が殆んどで、事故をやってしまった時は無事故手当てが付かない等が普通です。稀に酷い内容の会社も・・・】

 

 

 

N 出勤の時間に融通が利くかどうか

 

 

O 二種免許や乗務員証を取得を会社負担でできるかどうか
【そしてそれの縛りは何年かどうか】

 

P 売り上げにうるさいか売り上げにうるさくない会社なのかどうか

 

Q 洗車する際のスペースは十分にあるかどうか

 

R タクシードライバー従業員を大切に扱う会社かどうか!

 

 

細かい事言ってるように感じられる人も多いかもですが結構重要です!
その会社の現役ドライバーに聞かないとわからない事ばっかりなので判断しにくい事もあります。
ひとつでも多く自分に当てはまる会社を見つけて下さいね。

 

最近は新卒でタクシードライバーに就職してくる方もいたりします。
生涯年収だとどうなんだろう・・・ 年収500万として21歳〜65歳まで働いて2億2000万か・・・
今の日本の平均所得よりはありそうですね。完全歩合給なので自分がずっと健康で働き続ける事が条件ですが

 

 

追伸 

 

東京のタクシー会社の中にも超ブラックな会社とかもあります。

 

貰えるべき給料をなんの告知もなく、勝手に給料形態を変えて 例えば20万円の手取りがあるはずの物を10万円しか振り込まない会社とかも現実にあります。

 

詳しくは言えませんが、A区にあるE社とかいう東京でNo1であろうブラック会社です。

 

完璧に労基違反の事とかをバンバンドライバーに課してきます。 

 

間違ってもこういう会社では働かない事をお勧め致します。

 

既に働いている人達には脱北をお薦めします。

 

大手グループ会社(4社・チェッカー・東京無線)辺りで転職先を探せば120%幸せになれると思います。

 

タクシードライバー就職斡旋サイト タクQ 経由で転職or就職すれば タクQからの入社祝い金とタクシー会社からの入社祝い金を2重取りできるところもあるし、 タクQ での転職をお薦めします。

 

もちろん普通の転職や就職の方にもタクQはお得ですよ。

 

タクシードライバーのメリットとデメリット

【この記事も読まれています】警視庁公式発表|ネズミ捕り(スピード違反)取り締まり場所


【この記事も読まれています】タクシードライバーが入っておくべき保険と見直すべき保険



Sponsored Link


ホーム RSS購読