この章ではタクシードライバーのメリットとデメリットをお話します

タクシードライバーのメリットとデメリット

Sponsored Link

タクシードライバーのメリットとデメリット

タクシードライバーのメリット

 

正規雇用(21歳〜65歳)、定時制(65歳〜)、嘱託(65歳〜)
と、このように年をとっても仕事が出来る職業であること。

 

年をとっても仕事が出来る職業であること以外にも普通に真面目に勤めていたのであれば
一度タクシードライバーを辞めた後に再度タクシードライバーに再就職しようとした場合 比較的簡単に再就職できます。

 

他業種の正規雇用での再就職をする時と比べるとタクシー業界は抜きん出て再就職しやすいです、求人もいつでも出ています

 

勿論女性でもできる職業です

 

大抵の会社で厚生年金、社会健康保険等がきちんとあり
福利厚生がしっかりしている会社も多いです。

 

お客様からチップを貰える
気持ちのいい接客を心がけていれば結構チップは貰えます(笑)その日の飯代くらいはでちゃう時も!

 

ガッツリ稼ぐ(夜日勤)
普通の会社員の様に働く(昼日勤)
自分の時間がたくさん欲しい(隔日勤務)

 

と言うように様々な働き方があり、会社によっては出勤時間も融通が利いたりします

 

現任のドライバー【二種免許保持者】さんなら入社祝い金なんて物がある所も沢山あります
(殆んどの会社が縛り有り、2年間勤めたら返済不要等)

 

二種免許をお持ちでない方でも二種免許取得やタクシー乗務員証を取得するのに
殆んどの会社が会社負担で無料で取れたりします
(これもやはり縛りが有ります、2年間勤めたら返済不要等)
この二種免許を取得するまでの間は毎日日当が出るところも多いです(1日一万円とか)

 

有名人とかとも話せたりする
お客様が乗ってきて会話が盛り上がって降りるときによく見てみたら芸能人だったなんて事もあります(笑)

 

メリットではないか・・・(^_^;)

 

自分の事だけしっかりやれば上司や同僚に口うるさい事は言われないところが良い。【会社を出てしまえば当然一人で仕事をしてる訳ですから想像つくと思います】

 

殆んどの会社が完全歩合給なので営業収入を上げればあげるほど給料が良くなる事

 

まだまだメリットありそうな気もしますが こんなもんでしょう

 

 

次はタクシードライバーのデメリットをお話します

 

理不尽なお客様がたまにいること

 

これについては接客業じゃなくても どこでもある事なのでデメリットかどうかわかりませんが
冷静に対応してお金払って戴いてその場を離れてからストレス発散しましょう(^^;
防護アクリル版が運転席から助手席まで全面付いてる安全に配慮した会社なんかもあります

 

完全歩合給であるが故に営業収入が少ないと給料が少なくなる事

 

まあ極普通に真面目にコツコツやられる方でしたら道を覚えれば覚えるほど営業収入は上がっていきます。東京23区のタクシーは稼げますよ〜

 

お酒好きな人なら前日は深酒できない事

 

個人差はあるでしょうが普通に前日の夕方に少量の晩酌取る程度なら平気でしょう
私も飲酒反応出たことはありませんが、大酒呑みにとってはデメリットでしょう営業出庫時と帰庫時に飲酒テスターでチェックしますので
飲酒反応がでてしまうとその日は働けませんので気をつけましょう。 人によっては肝機能が良くなるのでメリットと言えるかも?(笑)

 

交通違反をすると当然ですが罰金を払う事になります

 

普通に交通法規を守ってれば大丈夫ですが、ドライバーでもあんまりルール守れない人も沢山働いています(汗)。お金を稼ぐ為にやっているのにその日の給料が無くなる様な事はしないように心がけて仕事をしましょう。 そうすればデメリットにはならないはずです

 

あとは・・・・ 特に思いつきませんが思いついたら更新して書いていきます

 

タクシードライバーのメリットとデメリットでした。

 

 

タクシー運転手になる為の必要な資格

 

 

このページのトップに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【この記事も読まれています】警視庁公式発表|ネズミ捕り(スピード違反)取り締まり場所


【この記事も読まれています】タクシードライバーが入っておくべき保険と見直すべき保険



Sponsored Link


ホーム RSS購読